FC2ブログ

Entries

「トヨトミの逆襲」を読了、これも提灯記事の一種かも、自動車評論家も同じだけど、生き抜くための手段なんでしょう、後には豊田 章男の伝記作家になりそう

2020年5月20日(水)、午前10時23分更新

 予報よりも良い天気で薄日が差しています。これでも夕方には雨になるらしい。梅雨入りまでも、なかなか安定した晴れは望めないのかも知れません。

 コロナで閉館していた図書館が開館しました。長時間の閲覧は出来ないで、貸し出しのみの限定開館。でも我が家ではネットで探して貸し出し申し込みをするので、ほぼ関係ありません。普通に使える感じ。早速「トヨトミの逆襲」を借りてきました。

 かつて読んだ「トヨトミの野望」の続編。現在から2022年までの未来に及ぶ話。半分以上は、親の七光り坊ちゃん社長の悪口のような話。自分の気に入る人だけを周りに集め、異を唱える人は子会社に出向させて追い払う。役員達も戦々恐々として、忖度、おべっか、お互いに牽制し合う。何時粛正されるか分からないから、お互いに疑心暗鬼で一枚岩では無い。

 こんなのでトヨタ(作中ではトヨトミ)は大丈夫かなと思わせる。しかし、未来は、力を持つ町工場にも自ら出向いて教えを請い、EVを成功させ、次期社長も側近の提案を退け、自ら決める。

 なんだいこれは、現社長への提灯記事とも感じます。貶したままでは生きてはいけないほどトヨタの力は大きい。アドバンスドパークシステムの記事もそうだけど、間違いでは無いけど、実際の問題点になりそうなのは書かないのがライター。ジャナリズムの欺瞞。

 もしかして将来、豊田 章男の伝記が出るとしたら、この作家に声が掛かるかも。なんて思いで、読みました。

 

この手のものは、最初の作品が面白い。次作は少し落ちます。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yumesounite.blog.fc2.com/tb.php/2869-4edf5737

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR