FC2ブログ

Entries

医学常識って誰が、誰のために広めているのだろう? もしかして医師や製薬業界が自分のために広めているのでは

2017年11月14日(火)、午前10時24分更新

 今にも雨が降りそうな天気。予報では曇り。本当に降らないのでしょうか。秋の天気予報も難しそうです。

 ビオチン療法でお世話になっているにしぼり先生のブログに「今までの常識を覆すお話がどんどん出てきました。」の講演会の内容が「県立中央病院の林宏先生の講演会がめちゃめちゃ面白かった」として出ていました。僕も同感です。

 にしぼり先生がざっくり纏めたのを、そのまま引用すると、「骨粗鬆症の薬はほとんど効かないから、予防が大切で、予防のためには糖質制限をして肉食べて筋トレしましょう。」、「血圧は下げたほうがいいは嘘」、「コレステロールは体に悪いは嘘」、「低カロリーは低脂肪は体にいいは嘘」、「食事はバランス良くとりましょうは嘘」、「野菜を食べたほうがいいは嘘」です。

 後ろの二つはどうなのかは分かりませんが、それ以外は同感です。骨粗鬆症も血圧もコレステロールも、血液サラサラも多くの高齢者が薬を処方されているようです。これらの薬を飲んでいないと言うと、同年配の多くは驚きます。それほど多くの人が飲まされ、良かれと思っている。

 これは誰のためでしょうか?多分患者のためでは無くて、医師や製薬業界の為。なんて言うと反発が多いとは思いますが、僕はそう思いますね。

 そうそうビオチン療法も、今までの常識を覆す療法。だから実施している医院が少ないのです。常識に囚われない先生だからやっている。そんな先生とはソリが合うのかな。意見が一致します。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yumesounite.blog.fc2.com/tb.php/2416-570b9e85

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR