Entries

芥川賞受賞作「影裏」を読了、なるほど、揉めたはずだなと思う作品、村上龍さんの選評の通りだと思う

2017年8月11日(金)、午前10時12分更新

 寒い。それが今朝の印象。半袖の上に長袖を羽織り、短パンを長ズボンに履き替えました。これが8月と思う天気。どうなってしまったのでしょうか。

 芥川賞受賞作「影裏」を読了しました。初めは少し引き込まれたけど、ナンなんだこれは、途中から結末まで、何を言いたかったのか良く分からない作品。分からないのが芥川賞受賞作かなとも思うけど、どうもしっくりときませんでした。

 村上龍さんの選評に、こう書かれています。
作者 の 描写 力 は 新人 の 域 を 超え て いる。 冒頭 の「 釣り」 の 情景 描写 は、 緻密 で あり、 しかも 饒舌 では ない。 主人公 や、 他 の 登場 人物 の 心理描写 も、 正確 で、 かつ 抑制 さ れ て いる。   推さ なかっ た のは、「 作者 が 伝えよ う と し た こと」 を「 発見」 でき なかっ た という 理由 だけで、 それ 以外 には ない。」(文藝春秋2017年9月号[雑誌] (Kindle の位置No.5883-5886). 文藝春秋. Kindle 版. より引用)

  そう、上手いのだけど、何を伝えたかったのか、良く分からない。村上龍さんによると、小説は「言いたいことを言う」ための手段では無いのだが、「伝えたいこと」はあるそうです。凡人の僕には「言いたいこと」と「伝えたいこと」の区別が良く分からないけど、さすがに選評はうまいことを言っているなと思います。

 この作者は、これがデビュー作だそうですから、将来性を見込んだ受賞なのでしょうか。多分これだけでは終わらない小説家だとは思います。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yumesounite.blog.fc2.com/tb.php/2324-ce068209

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR