Entries

今年の本屋大賞はこれかなと思う「桜風堂ものがたり」、なにしろ本屋さんの物語だし、素敵なファンタジーでもある

2017年3月6日(月)、午前10時03分更新

 薄日の差す寒い日になりました。今週は寒い日が続きそうです。春未だ遠からじの日々。そして暖かな日も有るのが今の気候。

 4月になると本屋大賞の発表。今年のノミネート作品も、それぞれに面白そう。取って欲しいなと思うのは「暗幕のゲルニカ」、直木賞候補になりながら受賞を逸した作品。個人的には受賞作よりも面白かった。

 そして今年の直木賞受賞作の「蜜蜂と遠雷」も素晴らしいけど、直木賞を取りましたから、本屋大賞まではよいでしょうとは思います。ならば、何が取るのでしょうか。

 個人的には「桜風堂ものがたり」かなと思います。何しろ本屋さんの物語。これは本屋さんが読んで貰いたい本でしょう。著者のあとがきに「みんな の 力 と 工夫 と、 それ までに 積み重ね、 築き上げ て き た、 ひと と ひと との つながり や 思い 合う 心 が、 思わ ぬ 素敵 な 出来事 を 連鎖 さ せ、 ついに は、 ささやか ながら も 奇跡 と 呼べる よう な 出来事 を 顕現 さ せる、 そういう 物語 です。村山 早紀. 桜風堂ものがたり (Kindle の位置No.4982-4985). 株式会社PHP研究所. Kindle 版.」と書かれています。

 著者はファンタージーでは無いと言っているのですが、本屋さんの心のファンタジーです。途中にこんな文章もありました「山 を 声 で 染めよ う と する よう に、 春 の 小鳥 たち の さえずり が 周囲 から 響き 渡る。村山 早紀. 桜風堂ものがたり (Kindle の位置No.2446-2447). 株式会社PHP研究所. Kindle 版. 」なかなかに凄い表現。直木賞を取っても良い作品だと思います。

 Kindleだと紙よりもお得です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yumesounite.blog.fc2.com/tb.php/2182-dba05bfd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR