Entries

私本太平記を読み始める、今回は全て無料版を利用、これが無料で読める幸せ、青空文庫のボランティアに感謝、1巻ずつ読めるので、無料版もむしろ良い

2016年4月18日(月)、午前10時33分更新

 穏やかな春の日になりました。昨日の大風でもここのソメイヨシノは未だ残っています。そして山桜は今が盛り。我が家の食堂の前には山桜、下の川沿いにはソメイヨシノ、そして遠くの山には一面の山桜。桜、桜の景色を見ながらの朝食でした。

 吉川英治の私本太平記を読み始めました。やはり吉川英治はストーリーテラー、小説と言うよりは読み物と言った方が良いでしょう、ともかく面白い。

 吉川英治の没年は1962年の9月、なので著作権が切れたのもわりと最近。20歳台では50年前は生まれる前の遙か昔、著作権が切れても読むのは大変。しかし70歳台の今では50年前は20歳台、その時代の小説なら違和感なく読めます。やはり著作権切れは50年が妥当だと思います。

 ともかく、そんなことで吉川英治の小説は青空文庫版の無料で読めます。Amazonでは無料版と、合本にした有料版がありますが、必ずしも有料版は無料に優るとは言えません。好みの問題です。纏めて一冊が良いか、各巻ごとに読み終えるのが良いかの感覚的な問題。

 今回は無料版にしてみました。巻ごとに読み終えた感じがあるので、これも良いものです。そしてリーダーは、やはりKindle Paperwhiteでしょうね。iPhoneやiPadでも読めるけど、紙の感覚で読めるのはKindle Paperwhite。そして紙に拘っている人は、慣れでしょう。Kindle Paperwhiteに慣れれば、紙には無い良さに気が付くはず。

    

余裕のある人はVoyage、無印Kindleはフロントライトが無いので少し暗いところでは読みにくいはず、 Oasisは高すぎるので、何でも一番高いものが好きな人向け、かな。思い込みの私感です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yumesounite.blog.fc2.com/tb.php/1882-7ce12b1e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR