FC2ブログ

Entries

「真田幸村と十勇士」を読み終わりました、前半は大河ドラマ真田丸の場面を思い出し、後半は子供の頃読んだ(見た)真田十勇士を思い出しました

2018年8月20日(月)、午前10時17分更新

 湿度が上がり始め、ここ二日ほどの秋の気配は薄れてきました。これで台風が来て、台風一過があり、一気に秋になる、となるのでしょうか。それとも長い残暑?

 先日【199円均一】幻冬舎のオススメ教養書(8/30まで)で購入した「真田幸村と十勇士」を読み終わりました。紙の本の長さで230ページなので、比較的楽に読み終わります。久しぶりに小説では無い本を読みましたが、これはこれで面白い。

 前半は大河ドラマの真田丸の場面を思い出しながら読みました。そうそう、こんな場面があったなと思わせる。史実がどうであったかを忠実に書かれています。

 そして後半は、史実には無い真田十勇士を、立川文庫をベースにフィクションと割り切っての説明。猿飛佐助も霧隠才蔵も江戸時代には無くて、明治後半から大正にかけて創造された人物と初めて知りました。更に三好清海入道などは高齢者の設定が、猿飛佐助に合わせて若者になっているのにも驚き。意外と昔はいい加減です。

 子供の頃、多分マンガで見た真田十勇士。徳川は悪者で、豊臣が良い方。なるほど江戸時代には公には出来ない設定だったんですね。懐かしく、懐かしく猿飛佐助、霧隠才蔵を思い出しました。今なら199円でなので、買って損は無いと思います。その他の本も。

今ならKindle版199円、紙だと864円。電子本の値差はこれくらいだと嬉しい。

痛風発作から2週間が過ぎました、随分良くなってきたけど未だ元には戻らない

2018年8月18日(土)、午後3時12分更新

 突然秋が訪れたような昨日今日。このまま秋になるとは思えませんが、今年は秋の訪れが早いのでしょうか。それとも猛烈な残暑がまたくる?

 今日で痛風発作から2週間が過ぎました。初めての経験なので、どのような経過をたどるのか、ググった情報が全て。7~10日で治るとも、2週間はかかるとも書かれていて期待をしていたのですが、未だ完全には元に戻っていません。

 この情報のいずれも間違いでは無いようです。7~10日で発作のような痛みは無くなる、2週間でなんとか普通に歩けるほどになる。でも、腫れは未だ残っていて完全には元に戻っていません。

 途中で無理をして旅をしたので治るのが遅れているのか、こんなものなのか、人にも依るのか、良く分かりません。でも、少しずつ少しずつ良くなっているのは確か。一昨日、昨日と裸足で室内バイク運動は出来ました。

 ググった情報では、尿酸を下げる薬を飲み始めて2~3か月以内に発作が起きる例も多いそうですから、それが原因なのかもしれません、今回の発作は。今は再発が無い事を祈るだけ。

意外と面白そうな本がある「【199円均一】幻冬舎のオススメ教養書(8/30まで)」、最近はノンフィクションはあまり読まないのだけど4冊購入

2018年8月17日(金)、午前9時46分更新

 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」、それが突然やってきた朝。昨日とは違い爽やかな朝でした。そして風の音がして、この歌のとおりの感じ。

 【199円均一】幻冬舎のオススメ教養書(8/30まで)をやっています。最近は小説ばかりでノンフィクションはあまり読まないのですが、ザッと見てみたら面白そうな本があります。興味を持った本を4冊購入。1冊199円なので計796円。

 最近はお目にかかれないけど、子供の頃親しんだ真田十勇士の本も選びました。これはフィクションぽいし、「吉田兼好とは誰だったのか 徒然草の謎」もそれっぽい。教養書というには少し面はゆい。

 なので教養書っぽい2冊、「花の日本語」、「はじめての百人一首ブック」も選びました。その他面白そうな本が色々ありますよ。1冊199円はありがたい。

   

紙の本なら結構な価格になります。

「死都日本」、「贖罪の奏鳴曲」を読み終わりました、何の関連も無い乱読ですけど

2018年8月15日(水)、午前10時58分更新

 8月も半ばを過ぎます。今朝はうろこ雲をみました。季節は確かに秋に向けて動いているようです。それでもここが30.5℃になっています。ここでは珍し30℃越え。暑さが身に染みます。

 今回の旅行前後で「死都日本」、「贖罪の奏鳴曲」を読み終わりました。旅のお供はKindleで、何冊でも持ち運びできるし、隙間時間にも読めて、どんな環境でも読みやすく出来るのが良いところ。紙ではこうはいきません。

 「死都日本」は山が吹き飛ぶような破局的噴火がテーマ。あまりにも奇想天外な話なのですが、もしかしたら実際に起こる可能性も否定できません。現に火山地帯では山が一つ吹き飛んだような地形もあります。長い地球の歴史の中では、今はたまたま落ち着いた瞬間なのかもしれません。それにしても、ここに出てくる首相が凄い。いますかね、こんな政治家が。

 「贖罪の奏鳴曲」は重い少年犯罪を犯し少年院にいた子が主人公。姓名を変えて弁護士になってなのですが、今一つ描き切れていないかなとも思う作品。それでも次はどうなると、飽きさせない作品でもありました。

 暑いときは寝転んで読書。それにもKindleは向いていますよ。本はホントに面白い。

 

日光に行ってきました、痛風の発作中で歩くのが大変な旅でした、健康でないとと痛感

2018年8月14日(火)、午後0時10分更新

 晴れて暑い。30℃にはなっていないし、海風があるのだけど、昨日まで日光にいたので、ここでも暑さを感じます。

 そんな日光の旅は痛風発作の最中。そろそろ良くなる時期と思っていましたが、靴を履いて足のしこりを刺激するので、かなりの痛み。移動は次男の運転する車でしたが、歩くときはビッコ(差別語?)をひいていました。

 相変わらず写真は撮らないのですが、華厳の滝と、英国大使館公園。

IMG 0635

IMG 0645

 華厳の滝は前日の大雨で水量が増しているようです(普段を知らないので推定)。イギリス大使館は風情のある建物を想像していたら、このような真新しいカフェのよう。人は多いし、なんの風情もありません。ただ、ここからの中禅寺湖の眺めは良かった。

 痛風発作から10日目。ようやく痛みも取れてきました。普通に戻るのも、もう少しのようです。

原田マハの「さいはての彼女」を読みました、ピカソやゴッホのような芸術家ものしか読んでいなかったけど、短編もうまい

2018年8月8日(水)、午前11時14分更新

 台風前日で湿った空気が吹き込んでいます。それでも蒸し暑くないので助かります。さて、どのくらいの台風がやって来るのでしょうか。ともかく、被害が少ない事を祈るだけ。

 原田マハの短編集「さいはての彼女」を読みました。原田マハ作品はこれまで「暗幕のゲルニカ」と「たゆたえども沈まず」を読んでいますが、どちらもパリの芸術家を書いたもの。たしか本人もパリ住まいとかで、この手の作品を得意としているのかと思っていました。

 「さいはての彼女」は日本が舞台で芸術家が主人公でも無い。同じ作者の物語とも思えない雰囲気。でも、さすがにうまいですね。飽きさせずに読ませます。そして短編といいながら、それぞれにつながっている。最初と最後が、そうつながるのかと、読み終えて感心。

 緑陰読書にピッタリの、爽やかな本です。

  

この中では、暗幕にゲルニカが一番のお勧め。

ついに痛風発作、最初は歩くときだけ痛かったけど、次第に何をしなくても痛い、紛れもない痛風です

2018年8月7日(火)、午前10時51分更新

 突然涼しくなりました。今日だけなのでしょうか、少し寒いほど。窓を開けていると寒いので閉めました。小雨も吹き込みそうだし。

 先週の金曜日、右足に違和感。何だか腫れていそうだぞと思っていたら、土曜日には親指の付け根が、痛風発作の典型的な画像のようになってきました。それでも、歩くときだけ痛いので、室内バイク運動ならできるだろうと、運動まで実行。

 そして夜半から日曜日の早朝にかけて、寝ていてもたまらぬ痛み。明け方整形で1年以上前に処方されていた鎮痛剤を飲んで、やっと深い眠りに。でも、起きたら歩けないほどの痛み。

 発作時には何倍もの鎮痛剤を短期間に飲む療法があるようです。素人にはそこまでは心配なので倍量にしました。これで少しは良くなったようです。

 昨日診察を受けると、間違いなく痛風発作。薬の飲み方も、このままで良いとのことで、自己診断、処方が間違いでは無かったようです。後は腫れが治まるまで待つだけ。週末の家族旅行は大丈夫でしょうか。

 痛風、人ごとと思っていたら、まさかの自分に降りかかってきました。風が吹いても痛いから痛風とか。確かに、確かに…。

図書館で借りた「盤上の向日葵」を読了、次はどうなる?の興味を持たせ、飽きない書き方、これで将棋が分かれば、なお面白いのでしょう

2018年8月5日(日)、午前10時42分更新

 この町でも熱中症警戒情報が出ました。ここは街中よりも1~2℃低いのですが、それでも蒸し暑い。痛風の痛みも出ているし、今日は運動は止めた方が良さそうです。そしてアルコールも禁止。

 図書館で借りた「盤上の向日葵」を読了しました。確か本屋大賞か直木賞候補になったときに申し込んでいたもの。たいてい申し込みが少し遅れると50数人待ちだったりするので、何時、何で申し込んだか、忘れているようなものです。

 この作者、なかなか読ませ処を心得ているようで、次はどうなるのだろうと思わせて新しい章になる。浪曲の「丁度時間になりました、続きは明日の…」みたいなもの。

 プロローグが最後の章を思わせるものも、小説の定番。所々にちりばめられた伏線。これで将棋が分かれば更に面白いのでしょう。将棋好きにはお勧めのミステリー。

Kindle版のありますね。

生きております、もう8月ですね、ツクツクボウシも鳴き始めました

2018年8月4日(土)、午前9時29分更新

 更新しないと、それが当たり前のようになってしまいます。やはり定期的に更新しないと、静かに消えてしまうかもしれませんので、更新、更新。

 一昨日にツクツクボウシの初鳴きを聞きました。いつもは15日頃が初鳴きなので、今年は早い。やはり気温のせいなのでしょうか。今日はなんとか過ごせそうだけど、ここ二日ほどはここでも30℃になりました。更新する気も失せていました。

 そして、一つの問題点が。ついに、ついに痛風の症状らしいのが起こりました。右足の親指の近くが赤く腫れて、少し痛い。風が吹いても痛いほどでは無くて、歩くと痛い程度。寝ていれば痛くない。

 朝、尿酸を下げる薬を飲み忘れて、更に汗もかいて、発症のタイミングだったのかもしれません。尿酸値が高いと言われながら放置したツケが回ってきたようです。

 歩くのは痛くても室内バイクは大丈夫かもしれません。まあ、その程度で今は済んでいます。毎日では無いけど、更新は続けます。

オーニングを更新、これはしっかりとして良い、色違いは安いけど生地も違うようです

2018年7月31日(火)、午前10時34分更新

 台風が温かい海水を持ってきてしまったのでしょうか。ここでも蒸し暑い。冷たい海風が吹かないのです。30℃にはならないけど、暑いです。

 そんな夏の太陽を防ぐオーニングが古くなったので買い替えました。昨年2メートルタイプを買って良かったメーカーの3メートルタイプ。購入時点では色違いのベージュとモカがあり、価格が大幅に違いました。どうも色だけでは無くて生地が違うようです。

 購入したものを確認すると、しっかりとした生地。昨年買ったのは同じ色だけど薄い網状の生地。太陽光線を防ぐには、こちらのしっかりとした生地の方が良さそうです。

 以前使って居たものに比べてしっかりとした塗装。これなら暫くは持ちそうです。やはり安いものはそれなり、同じ目的でも高い方を選んだ方が、結局は得になりそうです。

少し高いけど、しっかりとした材質、作りです。

ただで借りた本と、買った本では違いますね、面白くないと思ったら、やめるか、読み続けるか、それで

2018年7月30日(月)、午前10時41分更新

 蒸し暑い。台風が湿った空気を持ってきてしまったのか、海水温を上げてしまったのか、海風も弱く湿気が高い。気温はそれほどでは無くても、これはこたえます。

 またKindle本のことなのです。まとめ買いをしていた吉村昭の「白い航跡」の上巻を読み終わりました。読み始めて、史実の時系列の列記なのに嫌気が差してやめようと思いました。これが図書館で借りた本ならすぐにやめたと思いますが、お金を出して買った本だなと思うと、やめないのです。

 以前にも書きました磯田道史さんの説では、歴史文学というものは大きく三つに分けらるそうで、これは史実にもっとも近い史伝文学なのでしょう。作者も史実に忠実に基づくのが好きなようです。それが好きな人にはたまらなく良くて、嫌いな人にはたまらなく退屈。

 下巻も買ってあるので、これも読み進めるつもりです。ケチですかね、無料と有料で変わる心。カスタマーレビューには史伝が好きな人も多そうですが、同じ気持ち「個人的にはフィクションが好きなので、ノンフィクションのような小説はダメでした。完読できず」の人もいます。それでも、お金を出したので、読みます。

 

 

久しぶりにウオーキングに行ってきました、自然との触れ合いが良いですね、ヤマユリが一杯咲いていました

2018年7月28日(土)、午前10時35分更新

 陽が差したかと思うと、突然の雨。台風の影響が出ています。コースは当初よりも西寄りになり、この付近への上陸は無くなったようですが、西の方の被害が少ない事を祈ります。

 昨日は室内バイク運動休みの日だったので、久しぶりにウオーキングに出ました。変形性股関節症でウオーキングやジョギングはドクターストップがかかっていましたが、痛みもほとんど無くなったので、ウオーキングくらいは大丈夫かなと。

 室内バイク運動と違い、自然との触れ合いが素晴らしい。しばらくこれが無かったので、季節の移ろいに鈍感になっていました。山はユリの季節。

IMG 0614

 山中ユリ。ヤマユリは自然に増えるので、一面のユリです。我が家のヤマユリは終わってしまったけど、野山はユリが真っ盛り。自然に触れたウオーキングは素晴らしい。

葉室麟の「風かおる」を読み終わりました、人間の「業」を描こうとした作品なのかもしれませんが…

2018年7月26日(木)、午前10時15分更新

 室温26℃、冷たい海風が吹き抜けるので、朝起きたときは少し寒い感じもしました。今は丁度良い。酷暑の地域の方には申し訳ない季候。もちろんエアコンは使っていません。

 葉室麟の「風かおる」を読み終わりました。Kindle本セールでまとめ買いをしたうちの一冊。穏やかで優しいと思われる人が、ひどいことをしていた、仲間達も悪いかなと思いながらも引き込まれていく。人間の「業」を描こうとした作品のようです。

 たしか立川談志が「落語とは人間の業を描くものである」なんて事を言っていたようです。落語ではその「業」を、うまくオブラートに包んで表現する。しかし、この作品は、あからさまに書こうとしている、そんな感じがしました。

 だから落語とは違い、何とも重すぎる感じがしました。個人的な感想ですから、読後感の良さを感じている方もいるようです。いずれにしろ葉室麟さんは昨年亡くなられていますので、もう新作は無い。まだ他の作品もまとめ買いの中にあるので、暫くしたら読んでみたいと思います。

 何だか読書感想記みたいになってしまった、このブログ。

海洋アドベンチャー「幻海」を読み終わりました、奥伊豆に日本とは別の黄金の国にがある、それをイエズス会士が…

2018年7月24日(火)、午前10時12分更新

 室温26.5℃。海風もあり昨日よりは涼しい。昨日はここでも29.5℃まで上がりました。30℃にはいかないけど、それに近い気温。でも熊谷では41℃を超えたとか。ここよりも10℃以上も高い。生まれ故郷もその近くですから、かつてはそんな夏日に晒されていたはず。今では考えられません。28℃を超えると暑さがこたえる。

 真夏の寝転がり読書で「幻海」を読み終わりました。何冊か読んでいる伊東潤の小説。歴史物だけど、史実を面倒くさく述べないのが良い。時代小説の分類なのでしょうか。

 まあ、分類はどうでも良いのですが、奥伊豆に日本とは別の黄金の国があり、北条氏との密約で独立国として暮らしている。秀吉の北条攻めで、その運命は?

 暗礁や潮の流れで海からは近づけないし、山は険しく道も無い。黄金に目のくらんだ人が、思わぬ裏切り、からむのはイエズス会士、なかなか面白い海洋アドベンチャー。

 カスタマーレビューでは「荒唐無稽すぎ」とか「世紀の駄作」とのマイナス評価もあるけど、これはこれで面白い読み物と思います。少なくとも真夏の寝転がり読書には向いている、暑さを忘れる物語でした。本はホントに面白い。

二冊の本を読み終わりました、一冊はトヨタの内幕が面白い

2018年7月23日(月)、午前11時19分更新

 室温28.5℃。今日はここでも30℃になりそうです。海風も吹いているけど、少し弱いので暑い。ここではこれでも猛暑です。

 暑い日が続くと、寝転がっての読書の時間が増えます。そんななかで読んだ本が「いのち」と「トヨトミの野望」。瀬戸内寂聴の本は読んだことがないので、最後の長編小説らしい「いのち」を選択。

 これは小説では無くて、手紙か随筆のようなもの。瀬戸内寂聴の文章は三島由紀夫風の、「、」でつながる少し長めの文章。生前三島由紀夫が瀬戸内寂聴の手紙は面白いけど、小説は面白くいないと評したそうですが、なるほど、そうなのかも知れません。これは手紙風だから、そこそこ面白い。

 そして「トヨトミの野望」は、トヨタの内幕小説。歴代の社長も奥田が武田になったりして、今の社長までほぼそのまま。まあ、こんなことも有ったんだろうなと思わせる、なかなか興味深い小説。

 暑くても、寝転んで小説を読む、Kindleだから読みやすい。時間の使い方はいくらでもあるものです。同年代の方で暇でしょうがないと言う人も多いですが、こんな時間の使い方を知らないのでしょうか、もったいない。

 

この二冊に関連性は無い。そんな読書傾向。面白そうな物をランダムに。

真夏の運動、休んだらむしろ身体が怠い、でもこのペースなんでしょうね、運動後の補給も大切なようです

2018年7月22日(日)、午前10時45分更新

 ドンヨリとした晴天で蒸し暑い。ただ今の室温28℃。涼しい所なので27℃を超えると、慣れない身体にはこたえます。もちろん35℃超えなんて地には行きたくも無い。

 二日運動を続けたので、昨日は休養日。しかし昨日よりも、休養を取った翌日の今日の方が身体が怠い。適度に動かすことの大切さなのか、疲れは未だ取れていないのか、良く分かりません。

 でも、今日は運動をして見るつもり。身体を動かすと、多分楽になるかもしれません。それが良いことなのか、無理をしているのかも、これも良く分からない。暫くはこのペースで室内バイク運動を続けて見たいと思います。歳だから、なんて言わないで。

 そして大切なのが、運動後の補給だそうです。糖分とタンパク質。麹から作った甘酒を大さじ5杯に牛乳を200ml入れた飲み物が、いつもの補給飲料。ダイエット目的の運動では無いので、消費したカロリーに見合うくらいの補給でも、良しとしています。甘酒は夏の季語だそうですね。

真夏の運動はどうすべきなのでしょうか、3日連続を2日連続に変えました、それでもきつそう

2018年7月20日(金)、午前11時31分更新

 海風が吹いているので暑さは抑えられています。それでも風が止むとムッとします。ここでこれだから、内陸部はかなりの暑さなのでしょう。

 高温注意報が出たところでは、原則運動は禁止と放送しています。涼しそうな顔をしたアナウンサーが、「命に関わる暑さです」と言うのも、どうも違和感が有ります。でも本当に暑いところでは運動は危険なのでしょう。

 かといって、暑いからダラダラと寝て過ごすのもどうなのでしょうか。体力の消耗は防げても、次第に体力が落ちるはず。危険の無い範囲の運動が、難しい。

 ここでは30℃を超えることは稀なので、それほど運動が危険では無いのかも知れません。でも、そんな気温に慣れているので、30℃近くになるとかなり身体にこたえます。果たして運動はどうしたら良いのか。

 取り敢えず3日連続を2日連続に変えてみました。今日はその2日目。多分出来そうな気はしますが、怠い感じもします。35℃を超える地域の人は、どうなっているのでしょうか。それを思って、ここは有りがたいと、運動をしてみます、夕方。ただ今の室温は27℃。

「八月十五日に吹く風」を読了、これは感動の本です、終戦の1年前にこんな事が起きていたとは知りませんでした

2018年7月18日(水)、午前10時02分更新

 ミンミンゼミが鳴いています。今年は蝉が少ないように感じますが、それでも蜩もミンミンゼミも鳴き始めました。今日は海風が拭かないので暑い。

 先日Kindle本セールで購入した「八月十五日に吹く風」を読了。これは感動の本でした。敗戦の色が濃く、物資も不足していた時期に北の島に取り残された5000人以上の人達を救うためだけに行われた大作戦。

 日本軍は論理的では無くて、精神論で突撃かと思っていたら、そんなことはなかったんですね。冷静に状況を判断して、科学的に分析して行動を起こす。人の命ほど大切な物は無いと思う、多分限られた上層部の将官達と、協力し合う兵達。そして、この事実が戦後の日本占領施策の方針を大きく変えたとか。

 戦後の、それらの人達の生き方も、また素晴らしい。日本人の本質は特攻精神なのか、この本の人達なのか。多分後者で有って欲しいと思う物語です。

 特設ページもありました。

今読むべき本ですね。

窓拭き完了、窓拭きの動作が肩こりを防ぐそうだけど、簡単にケルヒャーで、楽なのは良いことです

2018年7月17日(火)、午前11時25分更新

 薄曇りで海風も吹いているので、それほど暑くは無い。新しいATOKは、どうもおばか。文章を理解していないようです。題名に窓拭きと入れたら、海風も拭いているなんて変換。ただ直前の変換を応用したようで、いくら何でも「海風が拭く」なんて文章は無いでしょう。これまでの買い取りバージョンのままにしておけば良かった。新しいのがお馬鹿とは、何なんでしょう、ATOK。

 朝のうちに窓拭きを完了しました。昨日のTV健康番組では、窓拭きの動作が肩こりを防ぐ効果が有るといってました。だから高野山の修行僧には肩こりが無いと。

 そう言われても、タオルや雑巾だけで窓を綺麗にするのは大変。こちらは修行の必用はないので、簡単な方法を選んでいます。今のところ行き着いたのがケルヒャーの窓用バキュームクリーナー。スプレーボトルで濡らして、それをバキュームの着いたゴム製ワイパーで拭き取るだけ。簡単で、かなり綺麗になります。

 高野山の修行僧が掃除したのを100点とすれば、85点くらいだろうけど、それでも簡単に綺麗になるので、これは優れものと思います。以前は同じような布製パッドで濡らして、ゴムワイパーで拭き取る方法でしたが、どうしても水が残るのでタオルで拭き取る操作も必用でした。それがこれでは要らない。

 購入した物よりも幅広の物とか、後継機とか有るようですが、ほぼ同じようなものでしょうから、安いものを選べば良いのかなと思います。ともかく、簡単で、比較的綺麗になります。肩こりは、窓拭き運動をすれば良さそうだし。運動と実際の掃除では、負担が随分と違いますから、楽をするのが一番。

  

左端が購入した物、右端が後継機、真ん中は少し幅広。

ヤマユリの新品種か? 変わったヤマユリが咲きました、もしかしたらカサブランカとの交配種か?

2018年7月15日(日)、午前9時56分更新

 カラリとした晴天。猛暑日の所も多いようです。ここでは30℃を超えるかどうかの気温だと思います。避暑地の季候。

 ヤマユリが咲き出しました。普通ヤマユリとは、こんな花。

IMG 0579

 黄色の模様がハッキリと見えるのが特徴。これももちろん咲いたのですが、1本だけ変わったヤマユリが咲きました。

IMG 0580

 黄色い線が有りません。特徴の斑点はあるのでカサブランカとは違うのですが、もしかしたらカサブランカと自然交配したのかも知れません。

 カサブランカは日本のヤマユリを改良した園芸品種だそうですから親戚同士。それがまた我が家の庭で自然交配したのかも知れません。普通のヤマユリよりも清楚な感じがします。

iPhoneの緊急SOS機能を設定してみました、突然警告音が鳴ったので発信されてしまったかと慌てたけど、次の選択画面で必用な番号をタップしないと発信はされないようです、これは設定すべきでしょう

2018年7月13日(金)、午前9時49分更新

 ドンヨリとした薄曇り。これから晴れてくるようです。ここの予報も30℃になっています。ここは予報よりも低いので30℃は超えないと思いますが、それでも暑くはなりそう。でも海風が吹けば、ここは避暑地。

 西日本の水害で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。瞬時の出水で助けを求める時間も無く災害に遭われた方が多いようです。それでもいざと言うときに、緊急電話が掛けられる準備はしておこうとiPhoneの緊急SOS機能を設定して見ました。

 災害時、iPhoneの緊急SOSが頼もしすぎるから今すぐ設定して欲しいを参考に設定。スリープボタンを5回押してみると、突然の警告音と赤丸印。

IMG 0571  

 これは発信されてしまったかと、慌てて切りました。しかし発信はされないようなので、もう一度押してみると。

IMG 0575

 3まで出た後に

IMG 0572

 出てきました、110番や119番が。ここをタップして、はじめて発信されるようです。ひと安心の設定完了。

 そして連絡先を登録すると、電話を掛けた後、その連絡先にテキストメッセージが届くようになるそうです。どちらも位置情報の連絡が有るので、自分の現在地をタイムリーに連絡することも出来ます。「※国・地域によって仕様が異なり、日本では必要な選択肢をタップすると発信します。」とあるので、間違えて発信されてしまう恐れも無さそう。

 これは設定すべきでしょう。

七十二候で「蓮始開(はすはじめてひらく)」、食用も観賞用も花が咲き始めていました、花の色が違いますね

2018年7月12日(木)、午前9時50分更新

 ドンヨリとした曇り空。湿度も高そう。昨夜の予報ではここの最高気温と、東京の最低気温が同じ。それでも蒸し暑さを感じるので、東京はいかばかりかと。

 今日は七十二候で「蓮始開(はすはじめてひらく)」だそうです。昨日は眼の定期検査で本郷まで行ってきました。常磐線の土浦付近はレンコンの産地。一面に白い蓮の花が咲いていました。あれっ、蓮の花は白かった? と少し疑問に思ったのですが、何処の蓮田も全て白い花。

 上野について不忍池に着くと、薄紅の蓮の花が咲いています。同じ蓮でも食用と観賞用では色が違うようです。もしかしたら食用は白いレンコンが好まれるので、花も白いのかもしれません。

 これが一般的なのか、土浦付近の蓮の花の特徴なのかは分かりませんが、やはり見ると食べるでは目的が違うので、花も目的に合っているのでしょうか。そう思いました。

 流石に東京は暑かった。

各種OSアップデート、「Apple Watchのソフトウェア・アップデートをスピードアップする方法」を試みたけど駄目だった、何故だろう、でも一番時間が係ったのはMacOSでした

2018年7月10日(火)、午前10時34分更新

 昨日よりは湿度の高い晴れ。カラリとしていないで、弱々しい晴れ。予報では今日の方が晴れでしたが、どうも違います。

 今朝は各種OSがアップデート。全てを済ませました。ここで「Apple Watchのソフトウェア・アップデートをスピードアップする方法」があるので試して見たのです。

 キモは強制的にBluetoothを切って、Wi-Fiでアップデートすることらしい。しかし、ここでは書かれているタイミングでBluetoothを切って、再接続をキャンセルしたら、アップデートが中断されてしまいました。

 タイミングが早すぎたのか、Apple WatchのWi-Fi接続がうまくいっていないのか、ともかく駄目。仕方ないのでいつもの通りのアップデートをしました。相変わらず時間は掛かるけど、いつもよりはかからなかった感じ。

 一番かかったのがMacOS。最近はこのアップデートに時間が掛かります。Apple Watchは何故Bluetoothでアップデートしようとするのでしょう。わざわざ遅いものを使うはずはないので、何かそうしなければいけない理由があるのでしょうか。

 まあ、遅くても待っていれば良いだけですから、そう深く考えることもないのでしょう。いい加減な人なので、そう思います。

やはり買って良かった「Apple Pencil 充電スタンド」、iPadに繋いだのでは折れそうだし、ケーブルではアダプタが必用だし、これなら差すだけ、キャップも無くさない

2018年7月7日(土)、午前10時59分更新

 予報では曇り後晴れだけど、今にも雨が降りそうな天気。セミナの疲れは取れてきたけど、未だ身体の芯の方に残っています。6時間の講義は、そろそろ負担が大きすぎるようになってきたようです。

 先日注文したApple Pencil 充電スタンドが昨日届いたので、早速試して見ました。結論は素晴らしい、です。Apple Pencilをお持ちで無い方は実感が無いと思いますが、この充電が意外と厄介。

 iPadに差せば充電出来るのですが、それでは折れそうな感じ、触れなば折れんです。USBケーブルでは直接はつながらないので雄雌変換アダプタが必用。このときはキャップを外さなければいけないので、これも無くしそう。

 ところがこのApple Pencil 充電スタンドなら直接立てれば充電出来、キャップの置き場所もあります。更にUSBポートがあるので他の機種の充電も出来る。ここにApple Watchの充電器を繋ぎ、2つ並べて机の上に置きました。

 これでApple WatchもApple Pencilも簡単に充電出来て、スッキリと収まりました。本体もアルミ製のしっかりとした作り。Apple Pencilを使う方には必携のもの。良い買い物でした。

 

同じ感じの大きさ。質感はApple Pencil用が格段に良いが、Apple Watch用も面白い。

本日のKindle日替わりセールは「八月十五日に吹く風」、8月15日を控えて買って置いて損な本では無いのでポチッと

2018年7月6日(金)、午前10時21分更新

 雨の予報でしたが、今は少し薄日が差しています。もしかしたら、これから大荒になるのかもしれません。西の方では新幹線にも影響が出ているようです。

 本日のKindle日替わりセールは「八月十五日に吹く風」。文庫本の半額の399円。日替わりセールは、本当にその日だけ、そして小説はわりと少ない。8月15日に向けてのタイミングなのでポチッと。

 Kindle本が紙に無い特徴の1つが、〇〇セール。紙の本では原則割引きセールは無いけど、Kindle本なら有るのが嬉しい。それをうまく利用するのがKindleの使い方かなと思います。Kindle Unlimitedよりも、セールを利用してまとめ買いしておいた方が良さそうです。

 8月15日に関わる本としては、浅田次郎の「終わらざる夏」も、北の島で起きた美しくも悲しい物語でした。この本も、そのような物語なのかもしれません。戦争の終わりに、不条理な悲しい事件が起きていたようです。

   

セミナは昨日無事終了、帰りには日本橋高島屋でケーニッヒクローネのケーキを買い、本日もAmazonで買い物

2018年7月5日(木)、午前10時25分更新

 小雨が降っていましたが、今は止んでいるようです。でも、いかにも降りそうな天気。ここ数日は雨模様の天気、所によっては大雨とか。

 昨日のセミナは無事終了。帰りには日本橋高島屋に寄って、好きなケーキや和菓子を買ってきました。好きなものを食べて、疲れを取るつもり。それにしても6時間の講義は、流石にこたえるようになってきました。

 朝はそのケーキを食べて、Amazonで買い物をして、まあ無駄遣いの小遣いは出来たので安心。いつもそんな小物を色々買って、何時の間にか全部使ってしまったって事になるのです。今回は新しいApple Watchも買いたいし。

 今朝買ったのは【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定75%OFFセール (7/27まで)から檀一雄の小説を2冊と、Apple Pencilの充電器。75%引きは安いし、充電器は数量限定タイムセール。なかなか良さそうです。

  

充電器はもう値上がりしています、先ほど1,699円で購入。

歌丸師匠が亡くなられました、ご冥福をお祈りいたします。努力の名人、上手でしたね、天才肌とは違う

2018年7月3日(火)、午前10時33分更新

 海風が弱く暑い日になりました。ここでこの時期の温度としては異常。海水温が上がってしまったのでしょうか。ここでは30℃は稀だけど、慣れないから27℃を超えるとこたえます。

 ほぼ一日前に歌丸師匠が亡くなられました。笑点のお一人様大喜利では元気な姿を見せていたので、未だ未だと思っていたら残念です。ご冥福をお祈りいたします。

 同時代の落語家、談志、志ん朝、圓楽の影に隠れて目立たなかった若手の時代から、精進を重ねて名人、上手の域に達した努力家。談志や志ん朝は今後も出て来ないだろうけど、歌丸や圓楽は似たような人はでてきそう。

 どうしようもない天才、努力の人、どの分野にもいそうです。どちらが良いとも言えないですね。それぞれに趣がある。個性的な努力の人、歌丸師匠、安らかにおやすみ下さい。

セミナ用Keynoteを見直し、余計なアクションは除いてシンプルに、ついつい凝りすぎていました

2018年7月2日(月)、午前10時27分更新

 昨日よりも海風が弱いので少し蒸し暑い。ここの気温は海風に左右されます。昨日は寒いほどの風でしたが、今日はホンの少し。

 7月4日セミナで使うKeynoteを見直しました。余計なアクションが多すぎるとの受講生の声もあったので、極力シンプルを目指しました。6時間の講義となると、余計なアクションは邪魔になるようです。

 こんなのもできる、あんなのも出来ると思うとついつい、文字がクルクル回って出てくるとか、上から落ちるとか、燃えるとか、ページめくりに凝るとか。これらは全て余計なものでした。

 残したのは、全ての項目を一度に出すのでは無くて、項目毎に出すとか、問題は解答を伏せて、暫く考えて貰ってから出すとか、話が大きく変わるときのページめくりとか、その程度。シンプルイズベストです。

 さて明後日です。6時間の講義、まだ体力は大丈夫だとは思いますけど。

御殿場に行ってきました、秩父宮記念公園、虎屋工房、旧岸邸を訪ねて

2018年6月30日(土)、午前10時25分更新

 爽やかな海風が吹き抜けています。昨日は海風では無くて南西寄りの風。海風のような冷たさがないので、ここにしては異例の暑さ。でも夜になると冷えてきて、ここらしくなりました。

 そしてその前日、木曜日には御殿場に行ってきました。BS朝日の百年名家でやっていた虎屋工房、旧岸邸、秩父宮記念公園を回る旅。コースはこの逆を取りました。御殿場駅から秩父宮記念公園までの無料バスを利用して。

 秩父宮記念公園は鬱蒼とした林を脱けると、母屋。田舎屋をカントリーハウス風に改造した建物。だから和風なのに暖炉もある。広い敷地に、自由な家。こんな所に住めたらなと思う場所です。

 虎屋工房までは歩いて15分程。途中にも別荘風の大きな家が。ここ御殿場は別荘地だったようです。虎屋工房と旧岸邸は同じ敷地内(元々岸邸だったのでしょうか)。虎屋工房の目当ては、ここでしか食べられないというどら焼き。そしてデパートの出店では見た事の無い大福を選んで、お茶付きで食べました。これが残念な味。本当に虎屋?御殿場だから?なんて思う味でした。

 旧岸邸は吉田五十八設計の数寄屋建築。見られるのは1階だけ。それでも庭を見晴らす居間は素晴らしい眺めでした。何しろ全ての雨戸、ガラス戸、網戸、障子が全て見えないように開け放たれるのが凄い。部屋からは庭が一枚の絵のように見えます。

 なんて書いて、写真は一枚も無い。それが僕の旅なのです。その場で楽しんで、写真を撮るのは忘れる。映像には縁の無い性格のようです。

7月4日のセミナ「給紙・搬送ゴムローラ技術と最適設計およびトラブル対策」開催決定、受講生更に募集中

2018年6月27日(水)、午後7時56分更新

 7月4日に予定しているセミナ「給紙・搬送ゴムローラ技術と最適設計およびトラブル対策」の開催は決定しました。

 でも、参加者が少ない。関係者の受講、あるいはお知り合いの方への連絡をお願いします。

内容は

~ ゴムと紙の摩擦機構、搬送トラブルの種類と対策、分離、搬送機構の設計、ゴムの特性を活かした上手な使い方 ~

 この分野に限らず、ゴムやプラスチックを部品として使う設計者、研究者のための講座です。

 私の考え

ゴムは使い方さえ間違わなければ、すばらしい機能材料である、それを何故間違えてしまうのか。ゴムとゴム配合物の違い、充填剤や加硫剤による思わぬ特性の違い、これまでのゴム試験法とゴムローラ試験法の考え方の違い、ゴムと紙の相互作用等、既成概念に囚われない考えを理解して貰い、給紙機構の信頼性を上げるためにはどうすれば良いかをゴム材質やゴムローラの側から述べてみたい。
 更に製品回収を伴う不具合は今でも起こっている。多くの事例が有っても、その基本的な現象は同じ。それを理解すれば製品開発での失敗は無くなるはず。製品開発時に同じ過ちを繰り返さない為のポイントを紹介する。

 を分かりやすく解説します。

 ぜひ関係者の受講をお待ちしています。

Appendix

プロフィール

夢荘

Author:夢荘
FC2ブログへようこそ!

樂天で探す

楽天で探す
楽天市場

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これは欲しい

Amazonおまかせリンク

検索フォーム

ワインを買うなら、ここ

2006年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を前に、人気のボジョレー・ヌーヴォーを大特集!さらに先行予約特典でプレゼントが当たります。

樂天

Macのお店

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR